ブランドの保護と価値向上のために

トムソン・ロイターのブランドマネジメント ソリューションは、日々生まれるブランドの創出段階から、成長、保護まで、ブランドマネジメントのあらゆる段階をサポートします。世界200以上の国/地域をカバーする独自データベースと、世界各国のエキスパートによる高品質なトムソン・ロイターのブランドマネジメント ソリューションは、世界の90%のトップブランドに利用されています。

詳細を見る

海外商標調査

海外商標調査

グローバルネットワークを通じて提供される世界200以上の国/地域をカバーする独自データベースと、世界各国のエキスパートによる高品質の商標調査サービス。多彩な調査メニューの中から調査の段階や調査目的に応じた最適なサービスをご提供します。

詳細を見る »

国内商標調査

国内商標調査

30年以上の知識と経験を凝縮した独自データベースによる調査は、先願・類似商標の調査のみならず、意見書作成や審判請求のための参考情報としてもご利用いただけます。

詳細を見る »

ウォッチング

ウォッチング

ブランド保護に欠かせない商標ウォッチングを、様々な角度から提供します。文字・図形・出願人・ドメイン名・中国語など多彩なラインナップを揃えています。

詳細を見る »

ドメイン名サービス

ドメイン名サービス

全世界におけるドメイン名の事前調査から、約250ヵ国、1,000種類以上のドメイン名、700種類以上の新gTLD登録、管理、活用、監視、さらには譲渡交渉や紛争処理まで、ドメイン名の権利保護と戦略的運用をトータルサポートします。

詳細を見る »

Towards the end of last year the European Union (EU) parliament approved the EU trademark reform package, which came into effect in March. On the surface there are a few changes to take note of — like the name change of the Office for Harmonization in the Internal Market (OHIM) and amendments to the fees structure.
The latest report by legal analytics firm, Lex Machina, has revealed that fashion brands rank high on a list of companies who are consistently monitoring unauthorised uses of their names and logos.
In the span of just a few short years, the term “hashtag” (or more commonly #)has gone from near obscurity to almost universal omnipresence. Thanks to social media, the hashtag has been pushed to the forefront of our lexicon.
ウェアラブル端末技術の登場により、私たちの生活におけるテクノロジーとデータの役割は大きく変わりつつあります。それと同時に、テクノロジーとファッションが結合されたウェアラブル端末における、商標、トレードドレス、意匠を含む知的財産権への関心はますます高まっています。本リポートでは、昨今話題のウェアラブル端末技術を取り巻くブランド保護と課題について論じています。
革命的な3Dプリント技術の登場は、ユーザに大きなビジネス機会をもたらすと同時に、ブランドオーナーに与える大きな影響が潜在しているといえます。商標やその他の知的財産権で保護されたオブジェクトが許可なくコピーされ、国内および世界市場に流通することになるからです。本リポートでは、3Dプリント製品におけるビジネス機会とリスクについて論じています。
本リポートでは、世界各国における商標件数の推移をブランド戦略のバロメータと捉え、2013年に公告された商標約450万件を対象に分析を行いました。トムソン・ロイターのオンライン商標検索ツール、SAEGISのデータを使用し、国際分類ごとの動向などの詳細を明らかにしています。(日本語版)